データ・リサーチ「リサーチ」

GHG排出量の算定に取り組む経営者は23.0%、中小企業の脱炭素経営の現状をフォーバルGDXリサーチ研究所が調査 画像
リサーチ

GHG排出量の算定に取り組む経営者は23.0%、中小企業の脱炭素経営の現状をフォーバルGDXリサーチ研究所が調査

・中小企業の脱炭素経営における具体的な取り組みは、エネルギー使用量の削減と設備の改善が主要 ・CO2削減への取り組みにおいては、エネルギー種別の切り替えやエネルギーの生成にはまだ課題が残る ・GHG排出量の算定に取り組んでいる中小企業はまだ少なく、脱炭素経営の効果を実感している企業も一部

編集部
編集部
国内ではユニクロ・GUがハイスコア、世界のファッションブランド情報開示度ランキング発表 画像
ガバナンス

国内ではユニクロ・GUがハイスコア、世界のファッションブランド情報開示度ランキング発表

・ファッションブランドの透明性は向上しているが、さらなる変化が求められる ・日本企業のスコアはユニクロとGUが最も高く、しまむらが最も低い ・ファッションブランドの透明性にはまだ課題が残されている

編集部
編集部
約3割の自治体が削減目標「国未満」、WWF ジャパンが自治体の脱炭素化に関する実態調査結果を発表  画像
リサーチ

約3割の自治体が削減目標「国未満」、WWF ジャパンが自治体の脱炭素化に関する実態調査結果を発表 

「国連気候変動枠組条約第28回締約国会議(COP28)」を前に、WWF ジャパンは、全国47都道府県の自治体を対象に実施した脱炭素化の実態調査の結果を発表しました。

編集部
編集部
北米企業は国連環境基準に違反するリスクが最も高いことが調査により判明 画像
リサーチ

北米企業は国連環境基準に違反するリスクが最も高いことが調査により判明

ロンドンとニューヨークに拠点を置くESG Bookの最新調査によると、米国とカナダの企業は、世界のほかの地域と比較して国連が定める環境基準に違反するリスクが3倍高いことが判明しました。

The Green Economy編集部
The Green Economy編集部
estoma、日本プライム企業1834社のESG開示状況を調査 画像
リサーチ

estoma、日本プライム企業1834社のESG開示状況を調査

ESG情報統合管理クラウドを運営するestomaは、プライム市場上場企業のホームページ公開情報をもとに、ESG情報開示状況を調査しました。日本のプライム企業1834社を対象とし、2023年4月に実施した前回の調査との比較や、開示状況の変化についても分析しています。

編集部
編集部
関電、中小企業の脱炭素対策について実施実態を調査 対策を始めた企業は1割未満 画像
リサーチ

関電、中小企業の脱炭素対策について実施実態を調査 対策を始めた企業は1割未満

株式会社関電エネルギーソリューションは、「中小企業における脱炭素対策の実施に係る実態調査」を実施した結果を発表しました。

編集部
編集部
SDGsの認知度は初めて全年代80%に到達 「ADK生活者総合調査2023」から見えるSDGs意識の現状と課題 画像
リサーチ

SDGsの認知度は初めて全年代80%に到達 「ADK生活者総合調査2023」から見えるSDGs意識の現状と課題

株式会社ADKマーケティング・ソリューションズは、「ADK生活者総合調査2023」より「SDGsに関する意識レポート」を発表しました。

編集部
編集部
アブダビ国営石油(ADNOC)、2030年までにCO2排出量が40%増加見込み NGO調査 画像
リサーチ

アブダビ国営石油(ADNOC)、2030年までにCO2排出量が40%増加見込み NGO調査

国際NGO・Global Witnessによると、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ国営石油会社石油会社(ADNOC)は、2023年と比較して2030年までに石油およびガスの運用における排出量を40%以上増加させる見込みだと判明しました。

The Green Economy編集部
The Green Economy編集部
CCS市場、2035年までに110億米ドルに達する見込み 画像
リサーチ

CCS市場、2035年までに110億米ドルに達する見込み

Research Nesterが世界の二酸化炭素回収および貯蔵(CCS)市場についての調査レポートを発表。CCS市場は、2023年から2035年までに最大15%のCAGR(年間成長率)で拡大すると予測され、2035年までに110億米ドル規模に到達する見込みです。

The Green Economy編集部
The Green Economy編集部
「食と水の安全」「生活コスト」が気候変動の影響を受けている 電通総研「サステナブル・ライフスタイル意識調査2023」 画像
リサーチ

「食と水の安全」「生活コスト」が気候変動の影響を受けている 電通総研「サステナブル・ライフスタイル意識調査2023」

株式会社電通は、電通総研と共同で「サステナブル・ライフスタイル意識調査2023」を実施しました。

編集部
編集部
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
Page 1 of 4