テクノロジー

みずほリースと東北電力、蓄電所建設で協業  再エネ安定供給を目指す 画像
エネルギー

みずほリースと東北電力、蓄電所建設で協業 再エネ安定供給を目指す

・みずほリースと東北電力が蓄電所設立 ・再生可能エネルギーの有効活用と安定供給 ・2025年6月の運用開始を目指す

編集部
編集部
電力制御技術開発スタートアップDGキャピタル、UAEのEVメーカーと業務提携 画像
エネルギー

電力制御技術開発スタートアップDGキャピタル、UAEのEVメーカーと業務提携

・DGキャピタルとNWTNが業務提携 ・グリーン水素・リチウムバッテリー供給 ・ゼロカーボン社会への貢献目指す

編集部
編集部
鹿島建設ら4社、東京ソラマチの廃食用油を鉄道高架工事現場の発電機に活用 画像
エネルギー

鹿島建設ら4社、東京ソラマチの廃食用油を鉄道高架工事現場の発電機に活用

・廃食用油をバイオディーゼル燃料に再生 ・地産地消型資源循環モデルの推進 ・CO2削減効果10tの見込み

編集部
編集部
Terra Charge、団地内に初めてEV充電器を設置  画像
エネルギー

Terra Charge、団地内に初めてEV充電器を設置 

・Terra Chargeが東京都町田市の小山田桜台2-2団地に3kWのEV充電器を設置 ・団地への充電器設置は初の事例であり、集合住宅への充電インフラ整備の一環 ・Terra Chargeの充電インフラサービスは初期費用・ランニングコスト無料で利用可能

編集部
編集部
商船三井が代替燃料使用によるGHG排出削減量をトークン化、Scope3削減に向けた取引が可能に 画像
エネルギー

商船三井が代替燃料使用によるGHG排出削減量をトークン化、Scope3削減に向けた取引が可能に

・商船三井がオランダの海事スタートアップ企業123Carbon B.V.と協働し、トークン化したGHG排出削減量を取引可能にした。 ・トークン化により、海上輸送サービスからのScope3削減を検討するお客様に、GHG排出削減量をトークンとして割り当てることができるようになった。 ・トークン化したGHG排出削減量は、商船三井の戦略的パートナーであるMethanex Corporationとの共同プロジェクトで創出されたものである。

編集部
編集部
大塚製薬、工場への太陽光発電導入を加速 CO2排出量を4工場で年約970トン削減 画像
エネルギー

大塚製薬、工場への太陽光発電導入を加速 CO2排出量を4工場で年約970トン削減

・大塚製薬が徳島美馬工場と徳島工場に太陽光発電設備を新たに設置し、高崎工場にも増設した。 ・CO2排出量は年間約970トン削減される見込み。 ・大塚製薬は再生可能エネルギーの導入とエネルギー利用効率の最大化に取り組んでいる。

編集部
編集部
森永製菓、オンサイトPPA方式で太陽光発電導入 CO2排出を約1.5%削減 画像
エネルギー

森永製菓、オンサイトPPA方式で太陽光発電導入 CO2排出を約1.5%削減

・森永製菓のグループ会社である高崎森永がオンサイトPPAによる太陽光発電電力の受電を開始 ・発電能力は2.0MWで、年間約1,100トン以上のCO2削減を見込む ・国内グループ会社のCO2排出量を約1.5%削減できる見込み

編集部
編集部
東京ガスと大坂ガス、UAE企業のe-メタン製造に向けた共同調査に参加 画像
エネルギー

東京ガスと大坂ガス、UAE企業のe-メタン製造に向けた共同調査に参加

・日本企業4社、UAEでe-methane(e-メタン)製造に向け協業 ・カーボンニュートラル実現に向けた国際協力強化 ・再生可能エネルギーとCO2を活用したe-メタンの社会実装

編集部
編集部
キャセイのSAFプログラムに郵船ロジら3社が参画 画像
エネルギー

キャセイのSAFプログラムに郵船ロジら3社が参画

・キャセイのSAFプログラムに3社が参画・キャセイは2050年までに炭素排出量ゼロを目指している・キャセイは2030年までに全使用燃料の10%にSAFを使用するのが目標

編集部
編集部
三菱食品、PPAモデルで物流センター屋上へ太陽光発電導入 画像
エネルギー

三菱食品、PPAモデルで物流センター屋上へ太陽光発電導入

・三菱食品、太陽光発電でCO₂削減 ・アーバンエナジー、余剰電力市場販売 ・2025年3月、久御山ドライSDC稼働予定

編集部
編集部

もっと見る