東京ガスと大坂ガス、UAE企業のe-メタン製造に向けた共同調査に参加

・日本企業4社、UAEでe-methane(e-メタン)製造に向け協業 ・カーボンニュートラル実現に向けた国際協力強化 ・再生可能エネルギーとCO2を活用したe-メタンの社会実装

テクノロジー エネルギー
東京ガスと大坂ガス、UAE企業のe-メタン製造に向けた共同調査に参加

Abu Dhabi Future Energy Company PJSC - Masdar(マスダール社)、株式会社INPEX(INPEX)、東京ガス株式会社、大阪ガス株式会社の4社は、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国における、e-メタン製造事業の実現に向けた共同調査に関する協業契約を結びました。

マスダール社とINPEXは、2023年7月17日に締結した契約により、アブダビでの価格競争力の高い再生可能エネルギーを用いたe-メタン製造に向けた共同調査を進めてきました。今回新たに本調査に参加する東京ガスと大阪ガスは、各社の年間ガス需要量の1%に相当する量のe-メタンを引き取る計画で、2030年までに年間都市ガス需要量の1%をe-メタンに置換することを目指しています。両社は、国内外のプロジェクトを通じて2050年までにe-メタンの普及を目指す方針です。

e-メタンは、既存のLNG輸送船・LNG受入基地などのLNG設備およびパイプラインや消費機器等の都市ガスインフラを活用できるため、社会コストを抑えることが可能です。高温の熱分野におけるカーボンニュートラル化や低炭素化が促進され、発電や輸送の燃料としても期待されています。

協業を決定した4社は、本調査にて、グリーン水素やCO2などの原料調達から製造、輸送に至るまでの経済性評価や、e-メタン製造によるCO2排出削減効果の評価を実施する予定です。両国間におけるe-メタンのサプライチェーン構築を早期に実現し、両国政府が掲げる2050年カーボンニュートラルの達成に貢献していくとしています。

《編集部》