メルヴィータ、サステナビリティ認証「B Corp」を取得

・メルヴィータがB Corp認証を取得 ・サステナビリティへの厳格な評価を実施 ・企業活動と自然の共生を目指すブランド

企業動向 ガバナンス
メルヴィータ、サステナビリティ認証「B Corp」を取得
  • メルヴィータ、サステナビリティ認証「B Corp」を取得
  • メルヴィータ、サステナビリティ認証「B Corp」を取得

フランスのオーガニック認証コスメブランド「メルヴィータ」は、企業の社会的責任とサステナビリティへの取り組みを評価するグローバル認証制度「B Corporation™(以下 B Corp)」を取得したことを発表しました。

B Corpは、ガバナンス、従業員、コミュニティ、環境、顧客の5つのカテゴリーにおいて企業のパフォーマンスを評価・認証する制度です。これらのカテゴリーにおいて高い基準を満たした企業に与えられる、サステナビリティのグローバル認証として知られています。

ロクシタングループの一員であるメルヴィータは、B Corp認証取得のため、オフィス、工場、店舗、従業員、地域社会、サプライヤー、顧客、株主、環境など、すべてのステークホルダーに対して厳格な評価を実施しました。その結果、同ブランドの事業活動が持つポジティブなインパクトが高評価を得て、認証取得に至りました。

メルヴィータ グローバル ゼネラルマネージャー、ナタエル ダヴスト氏は、「世界にとって、よりよい存在であることは、メルヴィータの信念のひとつ」とし、「自然が持つ自らを修復する力、奮い立たせる力、改革する力から製品開発や行動へのインスピレーションを得ています。B Corpは、このユニークなバイオ リジェネラティブビューティー のアプローチを実証するものです」とコメントしています。

メルヴィータは、1983年に生物学者で養蜂家のベルナー・シュビリアによって「人と自然の共生から未来の美を生み出すブランド」として立ち上げられました。持続可能な美を追求し、ほぼすべての製品がヨーロッパのオーガニック認証を取得。環境への影響や生態系への配慮を重視した事業活動を行っています。今回のB Corp認証取得は、メルヴィータが長年にわたり築いてきたサステナビリティへの取り組みが、国際的な基準によって認められたことを意味しています。

《編集部》

編集部おすすめの記事