キユーピー、環境配慮で「あえるパスタソース」紙パッケージへ 年間約13トンのプラ削減

・キユーピーがパスタソースの紙パッケージ化 ・年間13tのプラスチック削減見込み ・環境負荷低減に向けた継続的な取り組み

企業動向 ビジネス
キユーピー、環境配慮で「あえるパスタソース」紙パッケージへ 年間約13トンのプラ削減
  • キユーピー、環境配慮で「あえるパスタソース」紙パッケージへ 年間約13トンのプラ削減
  • キユーピー、環境配慮で「あえるパスタソース」紙パッケージへ 年間約13トンのプラ削減

キユーピー株式会社は、環境への配慮を進める一環として、「あえるパスタソース」シリーズの外装を紙パッケージに変更することを発表しました。2024年2月上旬から順次、ペーストタイプと香るタイプ計12品のパッケージが新しくなります。

今回導入する紙パッケージは、紙とプラスチックの複合素材で、約4年の検証を経て開発されました。従来のプラスチックパッケージと比較してプラスチック使用量を約30%削減しつつ、使用感を損なわない品質を実現。複合素材への変更により、プラスチック使用量を年間約13トン削減できると見込まれています。

プラスチックごみによる生態系への影響が問題視される中、キユーピーグループは、2030年度までにプラスチック排出量を2018年と比べて30%以上削減することを目標としています。これまでにも、ドレッシングボトルの再生プラスチック化など、環境負荷低減に向けた様々な取り組みを行ってきました。

■環境負荷の少ない包材の採用例

1959年に日本初の家庭用ミートソースを発売して以来、キユーピーは使い勝手の良さと環境配慮を追求してきました。「あえるパスタソースシリーズ」は2002年に販売を開始し、簡単・便利なソースとして人気を博しています。2024年2月時点で、シリーズ全体で20品目となっており、今後も多様なニーズに応えるラインアップを展開していく予定です。キユーピーグループは今回のパッケージ変更のように環境負荷低減に向けた取り組みを進め、持続可能な社会の実現に貢献していく方針です。

《編集部》