リコージャパン、福島支社郡山事業所でNearly ZEB認証を取得予定

・リコージャパン福島支社がNearly ZEB認証を取得予定 ・使用エネルギーの可視化と自動制御により省エネを実現 ・リコージャパンの6例目のNearly ZEB取得事業所となる

テクノロジー エネルギー
リコージャパン、福島支社郡山事業所でNearly ZEB認証を取得予定
  • リコージャパン、福島支社郡山事業所でNearly ZEB認証を取得予定
  • リコージャパン、福島支社郡山事業所でNearly ZEB認証を取得予定
  • リコージャパン、福島支社郡山事業所でNearly ZEB認証を取得予定

リコージャパン株式会社は、福島支社郡山事業所にて使用する一次エネルギーの75%以上削減を達成し、建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)で定める「Nearly ZEB」の第三者認証の取得を予定しています。

同事業所では、使用エネルギーの可視化と自動制御を実現する「RICOH Smart MES 照明・空調制御システム」を活用。効率的なエネルギー消費による省エネ、屋上に設置した80枚の太陽光パネルによる創エネ、社有車のEVを活用した蓄エネにて、「Nearly ZEB」を実現しました。

リコージャパンにおいて「Nearly ZEB」を取得済みの事業所は、岐阜・熊本・上田・つくば・東農と5カ所あり、郡山事業所はこれらに続く6例目となります。地中熱を利用した事業所の「Nearly ZEB」取得は、初めてです。また、郡山事業所では、顧客にリコーのワークスタイル変革への挑戦を展示する「ViCreA(ヴィクレア)郡山」をリニューアルオープンし、「脱炭素」などへの取り組みを紹介していきます。

《編集部》